4月からの保険改定(保険歯科医療の終焉)

  • 2006年04月21日(金)

4月から健康保険が大きく改定された。
医療現場の最前線で働く我々開業医は大混乱している。

業務の簡素化と言いながら様々な文書の発行を義務づけたため、ある先生は患者さんの予約を先月までの三分の二にしたとか、
先月までは午前の診療が12時に終わっていたのに患者さんに手渡す文書を作成するため昼休みを削って午後1時まで診療時間が延びているとか・・・

当院でも出来るだけ正確に書こうと、次の患者さんを待たせることを気にしながら精一杯書いた文書を手渡したところ
「これ保管しとかないといけないの?」と尋ねられ「ご自由にどうぞ、我々は患者さんに手渡すように行政から言われていますが患者さんがどうするかは聞いていません」とお答えすると「じゃ〜破棄してもいいのね」とさらりと言った患者さんがいた!

別の患者さんは「年寄りがこんなのもらっても見る気がしない」って・・・
次の患者さんを待たせて出来るだけ説明したことを正確に書いたのに・・・

こんな文書に本当に意味があるの?

10年以上前から当院では、口腔内カメラでお口の中を撮影した画像をテレビモニターに映して、レントゲン写真と共に現在患者さんの口の中でどんな問題が起きているか説明してきたが、今月の保険改定で患者さんに手渡さなければならない文書を書くためにテレビモニターで説明する時間を削らなければならなくなった。

患者さんに充分な情報提供するために文書提供が必要だという説明を受けたが、当院では今までの方が充分に説明する時間がとれていた。

今歯医者関係のメーリングリストや地元の歯科医師会などで同業者の意見を見聞きすると、こんな改定をした行政の保険の担当者に対する批判や疑問ばかりだ。

保険医協会からも厚生労働大臣に対して「今次歯科診療報酬改定に抗議し、緊急再改定を求める要請書」を厚生労働省保険局医療課に送付するように依頼書が届いた。

保険でいい医療を提供出来るようにいろいろな要請が頭に浮かんでくるが、事細かな事は書かずただひとつだけ今回の歯科診療改定の責任者に聞いてみることにした。

「今回のような歯科診療体系になって、もしあなたの子供が世間の弱者の人たちに保険で良い歯科診療を提供したいから歯医者になると言ったらあなたは両手を挙げて賛成できますか?
りっぱな理想をもって歯科医師になったとして幸せになれると思いますか?」

私はこれからますますひどくなるであろう保険医療の事を考えると、自分の子供を歯科医師にしたいとは思わない。
まじめに保険治療に取り組めば取り組むだけ、悩みや苦労が多くなる。

先日誰かが平成18年4月1日は日本の保険歯科医療の死亡宣告の日だと書いていた。

それでも改革が推し進められていくのだろう・・・

歯の数と医療費

  • 2006年03月20日(月)
アップロードファイル 54,815 byte

少し前の日本歯科医師会広報紙に香川県歯科医師会の調査報告が載っていた。

「高齢者における歯の健康と医療費に関する実態調査結果」が、実施した香川県の「老人医療費適正化に関する検討委員会」において報告された。

その結果によると

・残存歯数が少ないほど、医療費が高くなる(図1参照)

お口の中に残っている歯が19本以下の老人は20本以上残っている人に比べて、内科などのお医者さんに支払う医科全体の医療費が30%も高い。

・歯周病の程度が重度になるほど、医療費が高くなる。
歯周病がある人は無い人に比べて、医科全体の医療費が21%高い。

・残存歯数が少ない人ほど、入院日数が長い。
19歯以下の人は20歯以上の人に比べて、入院日数が約25%長い。

これらのことから、ともすれば軽んじられがちな「歯の健康」についての認識を改める必要がある。

こんな報告が出ているにもかかわらず、来月からの健康保険の改訂では診療に様々な制約が付き歯科医の間からは、抜かずに残せるかどうかぎりぎりの状態の歯を無理をして治療しても、医院経営としては赤字になるため、これからは残せそうな歯でも抜いてしまうことが多くなりそうだと言う心配の声が出ている。

自民党の綱領ではついに福祉の文字が消えたそうだ。
経済最優先で医療・福祉が切り捨てられていくというのに、一般の方々は無関心のようである。

今後歯科医療がますます追いつめられれば、国民のお口の健康は悪くなり、その結果今回の報告のように
ますます医療費がかさむと言う結果になるだろう。

早急に国民の声を上げなければ大変なことになるのではないだろうか?

3Mix-MP法

  • 2006年02月20日(月)

来院中の患者様各位

年末より午前の診療を休ませていただき、大変ご不便をお掛けしております。
漢方治療によりかなり体調が回復してきたのですが、まだ血圧が急上昇したり自律神経のバランスが乱れたりします。
今あせって完全に復調しないまま午前の診療を再開しても、またご迷惑をお掛けするのではないかと思います。
いきなり元に戻すのではなく、来月あたりから週の半分ぐらい午前の診療を再開させていただきたいと思っております。
申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

最近テレビや健康雑誌で新しい虫歯治療法の3Mix-MP法が取り上げられ、当院にも問い合わせがあります。
この方法は元々20年ほど前に新潟大学の岩久先生によって提唱された3Mix法が始まりで、当院でも10年ほど前にやっていた時期があります。
薬の管理が難しくいつの間にかやらなくなってしまいました。

昨年の夏頃からマスコミで話題になり、問い合わせがくるようになった頃 久しぶりに再会した大学の同級生から「絶対にやったほうがいい」という強い勧めと
具体的な治療方法を教わりました。

昨年の秋からホームページには公開せずに今通院中の患者様に必要に応じて施術させていただいております。

結構効果のある治療方法だと思うのですが、マスコミの取り上げ方がまるで魔法の薬のような説明で、歯を削ることなく薬を塗るだけの一回だけで治療が終了する夢のような治療法であると誤解される患者さんが多く、今まではあえてホームページに当院でやっているというアピールをしませんでした。

先日 元々の開発者の岩久先生の博愛歯科のホームページを見つけました。
この方法についてご興味のある方是非ご覧下さい。

博愛歯科 ホームページ
http://www11.ocn.ne.jp/~hakuai-d/

新年を迎えて

  • 2006年01月16日(月)

昨年末より体調が不安定のため午前の診療を休ませていただいております。
患者様には大変ご不便をお掛けしており申し訳ありません。

いい漢方の先生と出会い、毎日煎じ薬を飲んで復調出来るよう養生しておりますので、今しばらくわがままをお許し下さい。

このコラムの更新も遅れてしまって今日はもう15日になってしまいました。

年頭にあまり立派な目標を掲げても達成出来たためしはなく、
今年は早く健康を回復して今まで勉強してきたことをまとめていきたいと思っています。

具体的には歯周病の原因となる生活習慣を改善するために、今現在 血液がサラサラかドロドロかを簡単にチェックできる血液細胞分析を再度診療に導入すること、かみ合わせ治療に姿勢の分析を取り入れること、ノンメタル治療に積極的に取り組むこと、入れ歯の調子の悪い患者さんに対する特殊義歯治療、などを今の診療システムの中にいかに導入していくかを考えています。

昨年は遠方の方からの歯科相談が結構ありました。
どんなことでもかまいませんのでどしどしご連絡下さい。

今年もよろしくお願いいたします。

LOHASって何?

  • 2005年12月12日(月)

最近ちょくちょく LOHASという言葉を見聞きする。

先日のニュース23でも取り上げられていたが、LOHASとは
「Lifestyles Of Health And Sustainability」 の略で直訳すると
「健康で持続可能なライフスタイル」と言うことらしいが、なんのこっちゃ??

もう少しわかりやすく解説すると
「自分の健康的なライフスタイルに気をつかいながら、
同時に地球環境や自然保護に気をつかう人たち」の事だそうな。

今月号の日経ヘルスにロハスの達人が本気でススめる「生き方が変わる一品」という特集が出ている。

その冒頭に健康のために栄養バランスのいい食事をしよう、運動をしよう・・・・。

それはとても大切なこと。
とはいえ、食べるものが汚染された水や土地で育てられたものだったり、排気ガスを吸いながらジョギングしたり・・・
それって本当に健康的?
こんな疑問がよぎること、ありませんか?
そんなご時世だからこそ、支持者を増やしているのが「ロハス」だ。
エコロジーともにているが、ちょっと違う。

ロハス実践者達は口々にいう―
「地球環境を汚さない物だからと言って、気に入らない物を我慢して使うとしたら、それは人にやさしくない」
「ボランティア活動には、違和感を覚えることがある。いくら人の役に立つこととはいえ、やっていて自分が楽しく無いことは続かない」
「何かを選ぶとき、ふと立ち止まってみて、選択肢があるならより安全で快適なものを選べばいい」―
自分や自分に近いところや人から、健康に、幸せにする。それが遠くに住む人たち、引いては地球全体の健康と幸せにつながっていく、そんな「等身大のエコ」こそがロハスだそうだ。

アメリカでのロハス市場には次の五つがあると言われているらしい。

1 持続可能な経済
省エネ商品・代替えエネルギー・グリーン都市計画等

2 健康的なライフスタイル
オーガニック・自然食品・サプリメント等

3 代替えヘルスケア
自然治療・はり治療等

4 自己開発
ヨガ・フィットネス・能力開発等

5 環境を配慮したライフスタイル
環境配慮住宅・リフォーム・家庭用品等

なんだ ロハスという言葉が言われ始まるずっと前から興味があったことがやけに多いじゃないか、
ってことは私ってロハスな人間ってこと?

ちょっと考えてみると 俗に言う「こだわりの一品」ってロハスな商品が多いように思う。

歯科の世界を見てみると最近は 金属アレルギーの問題や、
かみ合わせと全身との関わり等今の健康保険ではまかないきれない
こだわりの治療が生まれつつあるように思う。
ノンメタル治療や はり治療、東洋医学、ヨガや呼吸法にとことんこだわって「ロハス歯科」に生まれ変わろうかな・・・