保険医療のレベル

  • 2007年05月07日(月)

連休中にレインボー医学の講習会に参加した。
レインボー医学の詳しい事は改めて書こうと思う(関心のある方はホームページを検索してくださいね)。

参加者の中に古くからの友人と息子さんがいた。
息子さんは昨年歯学部を卒業し、歯科医師国家試験に合格し、先月で臨床研修を終えたばかりの新米歯科医師だ。

臨床研修の期間は指導医の指導の下で診療しなければならないが、研修期間が終了すれば自分の判断で診療に従事する事が出来る。

彼が必要な書類を提出すれば開業だってできる。
もちろん開業すればすべての責任を負わなければならず、そんな新米歯科医師が開業してもまだまだ経験不足で、様々な患者さんに十分な対応はできないだろう。

だが彼が保険医の登録をすれば保険診療ができる。

保険診療では新米であろうとベテランであろうと治療に対する点数は同じである。

彼が一時間かかって額に汗して行った治療でも、ベテランが鼻歌交じりで15分で終えた治療でも保険点数は同じである。

私が歯医者になって1年後ぐらいの時、二時間かかってもどうしても抜歯できず困っていたら、院長が見るに見かねて代わってくれた。
院長が抜歯をすると5分もしないうちに抜歯できた。

患者さんは「二時間も口を開けっ放しで大変だった」と怒っていたが、院長が「若い先生も一生懸命汗だくになってあなたのために頑張ったんだからそんなに怒らないでやってくれ」と言ってくれた。

その時の情けなさは今でも覚えている。
ちょっとしたコツを知っているかどうかで大きな差が出る事を痛感した出来事だった。

我々が休みを返上してでも研修を受けるのは、より良い治療をより効率よく出来るようになるためのことが多い。

今の保険診療の技術的なレベルは友人の息子さんのような歯医者に成り立てのレベルであるならば、たくさんの患者さんたちと触れ合いながら自己研鑽に励んだベテランのやる事は、保険診療のレベルをはるかに超えていることもあるだろう。

傲慢なように感じられるかもしれないが、26年歯医者をやってきて、人並み以上に勉強してきた自負から、友人の息子さんと同列に扱われる保険診療に不合理を感じる。