個別表示

花粉が舞うと歯周病になる?

  • 2005年05月04日(水)

花粉が舞うと、歯周病になる!?

花粉が舞って花粉症になると鼻が詰まる。

そうすると口で呼吸をすることが多くなるため、口の中が乾燥してきます。

通常より水分(唾液)が少なく、細菌が繁殖しやすい湿度と成った口の中は、歯の周りに歯垢がついて、最終的に歯周病となってしまうのです。

歯周病は放っておくと命をも脅かす恐ろしい病気に発展する可能性もあります。

歯周病菌は口の中だけでなく、血管の中にも入っていきます。

歯周病菌が血管に入ることで、インスリンの働きを阻む物質が増えて糖尿病にかかりやすいと言われているのです。

また血栓を作りやすくし、心筋梗塞などにかかる可能性もあり、「歯周病は全身の病気と深くかかわっている」そんな考えが、医師の間にひろまりつつあります。

そんな恐ろしい病気になる可能性のある歯周病に、成人の80%以上がかかっていると言われています。

歯周病を予防するためには、当然のことながら歯をこまめにきちんと磨くことと、水分を多く摂ったり唾液が常に出ている状態を作ることが重要です。

その他に、歯周病予防に強力な味方となる食べ物もあります。

フラボノイドが含まれるお茶は有名ですが、わさびや大豆製品が効果的なのはあまり知られていません。

わさびには強力な殺菌成分があり、大豆には歯に良い”グリシン”という物質が含まれています。

また、ヨーグルトも歯に良い食品の一つとされています。

腸の働きを良くする代表選手であるヨーグルトが、歯周病にどのように働くのかピンと来ない方もいらっしゃることでしょう。
ここで再び”桶屋の法則”。

腸の善玉菌が増えると免疫力が向上し、口の中の悪玉菌である歯周病菌の繁殖を抑えることができるのです。

一方で、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、酸を作りエナメル質を溶かすのでノンシュガーで食べた後に歯を磨かないでいると危険です。

要するに、体に良い食品はきちんと食べて、食後の歯と歯茎のケアを忘れない、それが大切なのです。

これからは、「花粉が舞うと、歯周病になる」「歯周病は万病の元」という新たなことわざを覚えるとともに、今まで以上にお口のケアを心がけましょう。