個別表示

電話のお問い合わせ

  • 2005年11月07日(月)

最近当院のホームページを見て電話で問い合わせをされる方がある。

少し前はテレビや雑誌で3Mix-MP法の情報が流れて「お宅でやっていますか?」という問い合わせが多かった。

そういう問い合わせをしてくる方は、インターネットで他の歯科医院のホームページも細かくチェックして、専門家かと思うほどの知識を持っている方もある。

そこで我々が困るのは、テレビや雑誌で言っていることの100%が真実ではないと言うことである。

例えば雑誌には麻酔なしで治療できるとか、あれほど痛んで他の歯科医院では神経を取らなければならないと言われた歯が神経を取らずに済んだとか、歯を削ってはいけないとか、たった一回の治療で終わったとか・・・

その情報を信じて東京から仙台まで新幹線で治療に行ったということも本に載っていた。

治療費は2000円ほどだったというが、その10倍以上の交通費を掛けたそうだ。

その仙台の歯科医院は各地から治療を希望する人が列をなし、予約が3ヶ月先ということであった。

たかが健康雑誌に載ったぐらいでその記事を100%信じてしまうのか・・・

それほど近隣の歯科医院は信頼されていないのか・・・
いささかショックであった。

当院でもこの前からやり始めたが、確かに非常に有効な治療法だと思う。

だが必要最低限は歯を削る必要があるし、場合によっては麻酔が必要なこともある。

すでに神経が腐りかけていたら、いくら3Mix-MPを使っても神経を守ることができないこともある。

ところが雑誌やテレビの言っていることを真に受けて、こちらが間違った治療をしていると決めつけてくる方がある。

インターネットが普及しいろいろな情報があふれているが、それらのすべてが正しい情報とは限らない。
インターネットでいくら情報を調べても、それがあらゆる方向から検討された正しい情報というものは非常に少ないと思う。
どちらかの見方に偏った情報を鵜呑みにしてしまう危険がある。

情報の洪水の中で、何が正しくて何が間違っているか、正しく判断することはなかなか難しい。

専門家風を吹かせるつもりは無いが、6年間歯科大学で勉強し国家試験を受けて歯科医になった歯科の専門家だという自負はある。

その人にとってベストな方法は何か?を心がけるようにしているつもりだ。
患者さんと意見が合わないとけんかしても何の得にもならないし、歯科医を言い負かしても患者さんの得にもならないだろう。

最終的には生身の歯科医と患者さんとの信頼関係が、今まで以上に必要で大切なのであろう。